美しい30代のために。

外見も内面も”美しい”30代を迎え、過ごすために私が実践したこと、実践していることを紹介しています。

2018春発売のベストファンデはどれだ!?目指せMISSHA越え発掘!~パルガントン編~

【スポンサーリンク】

こんにちは、chomeryです。

 

突然ですがファンデーションは何のタイプを使われてますか?

 

パウダー?

 

リキッド?

 

クリーム?

 

 

わたしはただいまクッションファンデブーム中。

 

そう、こちらの記事でもご紹介したMISSHAに出会ってしまったから。

 

 

ただクッションファンデ初挑戦だったわたしは
果たしてこれがMISSHAの効果なのか
それともクッションファンデが素晴らしいのかいまいちわからず。

 

そこでMISSHAを超えるクッションファンデはあるのか?
もしくはクッションファンデを超えるファンデはあるのか!?
レポしていきたいと思います。

  

第1回目の今日ご紹介するのはこちら!

  

実はこちらと一緒にもう1種類新発売になっていました。

  

が、価格がミネラルエッセンスは1,000円、ゴールドコラーゲンエッセンスは1,800円だったのでミネラルエッセンスを購入。
 
テーマがMISSHA超えだったので価格も同じ方がいいかと思いまして。
 

ファンデーションの特徴

 
こちらのファンデーション、蓋を開けてみるとこんな感じ。

 

f:id:chomery:20180607000607j:plain

パルガントンらしい魔法にかかったような見た目。

この白い部分はなんと美容液成分で全体の59%を占めています!

 

そしてファンデーションを押すと中から美容液があふれ出すという
ウォータードロップ処方を採用しているらしい。

 

確かにぷつっと水滴がでてきます。

 

パフ付なのでそのまま塗ることができますし、
これ一つで

美容液・化粧下地・乳液・毛穴カバー・ファンデーション・UVカット・カラーコントロール

 

の7役をこなすというすぐれもの。

サンプルで試してみてなかなかいいかも?と思い購入してみました。

  

ミネラルファンデーションの評価

 

結論から申し上げましょう。

 

MISSHAとどちらがいいか。

 

 

どちらも1つ使い切った結果。

 

 

 

MISSHAの勝利!!

 

残念ながら?MISSHAの勝利となりました。ではその理由は?

 

 

スポンジは替えるべき

 

 

まず3日くらい使った時点で

 

「あー失敗だったかなー」

 

と思いました。

 

それは単純にカバー力の面と、使いやすさ。

  

クッションファンデーションは液体ですがこのファンデーションは固形とクリームの中間ぐらいのテクスチャー。

 

例えるなら・・・ジャムとかピーナッツバターとか?

 

ぷるぷるはしなくて指でつついても指紋が残る感じでちょっと力を入れないととれないというか。

 

単純にどのくらいの量をつけたらいいのかがクッションと同じくこちらも難しかったのですが、
ぼてっととると取りすぎてしまったので薄付きになるよう調整してみました。

 

すると。

  

全然カバーされない。

 

MISSHAだと本当に少量を1回撫でるだけで毛穴が隠れたのですが、こちらはそうはいきませんでした。

 

「えーぜんぜん頬の毛穴消えないし鼻も2度塗りしないとだめじゃーん
ていうか線になっちゃって全然密着していかない。失敗かなー」

  

そう思いながらやけになって量多めに使って約1週間。

 

実は初日からあれ?ここ触れてないのになんで汚れた?と思ってはいたのですが
スポンジがこうなりました。

 

f:id:chomery:20180607002138j:plain

・・・汚っ。

 

どうやら例の美容液成分が染み込んで上のシミになっているようですが
なんか不衛生じゃない・・・?

 

かといって毎日洗うわけにもいかないし・・・

 

と思い洗って置いてあったMISSHAのスポンジにとりあえずチェンジしました。

 

すると。

  

 あれ?なんかいい感じじゃない・・・?

  

スポンジを替えただけでだいぶ使いやすくなりました。
これで仕上がりもだいぶきれいに。


スポンジさえ替えればコスパもいいしこのファンデありかも!

 

色が1色しかない

色味がですね。
1色展開なんですよ。

 

#23標準色って書いてあるので他の色もあるのかと思ったら1色展開なんです。

 

まぁ確かに1番万人受けするであろう色味なので使えなくはないのですが、
わたしはもう少し明るい色味が欲しいのです。

 

色味が増えたらもう一度買ってみるかもしれません。

 

残り少なくなるときつい

 だいぶ量が減って底見えしてくるとこんな感じ。

f:id:chomery:20180607002712j:plain

あの模様は美容液成分だけあって表面だけじゃなかったのです。

 

とはいえこの模様のまま1番下までいくのでいつか美容液成分がなくなりファンデーション部分だけになります。

 

そうすると格段にカバー力・美肌効果ががなくなりました。

美容液成分大事!!

 

で、さらに使い進めていくと当然まわりだけが残るわけですよ。

 

 

またスポンジの不満なんですが、付属のスポンジがでかいんだ。
写真上のファンデーションの円と同じ大きさないしそれより小さいスポンジではなく、
ファンデーションの一つ外側の円と同じ大きさなのです。

 

だからまず最初から塗りにくい。

できればスポンジの横とか上とか汚したくないのに必然的に斜めに入れないといけないから汚れるの必至。

  

そして最後の方はファンデーションが当然こうなります。

f:id:chomery:20180607003318j:plain

そう、周りの淵の下にたまるわけです。

 

横から見るとこんな感じ。

f:id:chomery:20180607003406j:plain

まだたくさんあるので使いたい。
でもスポンジを折りたたんで取ろうとしても届かない。

 

しかたないので違うもので掘るような感じで中央に持ってきてスポンジにつけてはいますけども。

これ本当設計ミスだと思う。
クッションファンデと同じ形状のコンパクトにする必要性はあったのだろうか。

 

コンパクトの耐久性が弱い

そしてそのコンパクト、なんと耐久性も弱い。
ちゃんとミラーがついているのはポイントが高いのですが、
あるいどうしてもふたが閉まらなくなりました。

 

あれ?なんで?

 

 

よくみたら爪が割れていたのです。

f:id:chomery:20180607003650j:plain

 

まぁもうほとんどない状況ではありますがこれで持ち運びができなくなったのでお役御免。  

とはいえコスパは◎

いかがでしたか?

なんだか悪いところばかりになってしまいましたが、
MISSHAと比べなければ仕上がりはきれいだしツヤ感も出るし、なによりコスパが最高。

 

クッションが苦手という方は使ってみて損はないと思います。
なんせ1,000円ですし最悪失敗しても。

 

そんなに売っているところも見かけない気もしていますがよければチェックしてみてくださいね。